(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(メモ グレイズカウンターのシステムとアイテム周り

 Steamにて『Graze Counter』を購入。



 ジャンルはシューティングで、特徴としては敵弾や敵機にギリギリまで接近し、グレイズ(所謂『カスり』だ)を行うことで専用のゲージを溜めることが出来、そのゲージを消費することで高火力の攻撃を繰り出すことができる。また更に別のゲージを溜めることで更に火力の高い攻撃を出すことができるのだが、まあこのあたりはストアページ参照。

 で、このゲーム、マニュアルが見当たらない。いやもしかしたら存在しているのかも知れないのだが俺が発見できなかったので色々と手探りでシステムやアイテムの効果を調べていたのだが、その備忘録として調べたことをメモしておく。気づいたことや間違いなどあったらおいおい追記していくかも。
 ……これでマニュアルが存在していて更に全部書かれていたら間抜けであるが、まあそれはそれだ。


●ゲーム起動~コンフィグ画面
ゲームを起動すると最初にこの画面が出てくる。キー配置の設定などはここで行う。

GCcustom.png

 特に説明を要する点はないと思うのだが、この画面で右下のSaveを選択すると、設定のセーブはされるがゲーム自体が終了してしまう。Game Startを選べば自動でセーブされつつゲームが始まるので、この手の設定でまずSaveを選択する人は注意。


●タイトル画面~機体選択
ここはひとまず割愛。1回クリアすることで開放される要素などもあるのだが、このへんは気が向いたら。


●装備選択
キャラ選択の後に3種の装備からひとつを選択することになる。ここで出てくる装備の解説。

20180423002501_1.jpg

オートシールド : シールドが時間経過で自動的に装備されるようになる

 シールドが張られていないとき、時間経過で自機の周囲に円が展開されていく。これが完全な円になるとシールドが発動し、自機が薄紫色に発光。シールド発動時は1発だけ敵弾を防ぐことができる。
 本来、このシールドはシールドアイテム取得時のみ発動するのだが、この装備を選択するとアイテム取得なしでも時間経過で自動的にシールドが張られるようになる。なおシールドの上限は1枚で、シールドを重ねて張ることはできない。常に被弾1発でシールドは破壊される。


20180423002507_1.jpg

オーバーグレイズ : 同じ敵弾にカスり続けると敵弾が消滅、ブレイクゲージを少し回復する

 このゲームでは敵弾や敵機にカスることでグレイズカウンターゲージ(後述)を上昇させることができるのだが、この装備を選択した場合は一定数カスることによりブレイクゲージ(同じく後述)も上昇させることが出来るようになる。ゲージを利用した攻撃の回転率が上がることが一番の特徴。


20180423002507_2.jpg

エクステンドガード : カウンター攻撃時にいつでもバリアが展開されるようになる

 グレイズカウンターゲージ(後述)が50%以上のとき、それを消費することで放つことができるカウンター攻撃。この攻撃はゲージ100%で発動することにより完全無敵のバリアも同時に発動するのだが、この装備を選択するとゲージが100%未満で発動してもバリアを張るようになる。
 なお先述のシールドとバリアは別物なので、同時に張ることができる。バリアを展開したことでシールドが消滅するようなこともない。



●操作選択
装備選択の次は操作方法の選択となる。2種類からどちらかを選ぶ。これはまとめて解説する。

20180423002534_1.jpg
インクルードタイプ : 3つのボタンを使用する初級者向けのボタン配置です

20180423002535_1.jpg
スプリットタイプ : 4つのボタンを使用する上級者向けのボタン配置です


 基本的な操作はどちらも一緒で、自機の低速移動ボタン(スローボタン)をショットボタンと一緒にするか別に割り振るかが違う。インクルードタイプの場合はショットボタンを押しっぱなしにすることで自機の移動速度が低下する。スプリットタイプの場合はショットボタンとスローボタンを個別に設定することになる。
 ちなみに低速移動(スロー移動)は、敵弾の隙間を移動するときなどの細かい操作が要求される状況で使っていくことになる。

 実際のゲームプレイにおいてはショットを撃ちつつ画面を一気に横切る必要なども出てくるため、スプリットタイプの使用をお勧めしたい。上級者向けとあるがそこまで難しいものでもないので、早いうちに慣れておいたほうがいい。


●難度選択
ここでは3段階の難度のうちどれかひとつを選択する。画面説明で足りると思われるので割愛……と言いたいところだが、一回クリアすることで開放されるパシフィストモードについて解説しておく。

20180423005834_1.jpg

 移動キーの上を入力することで、難度表示のそばに『PACIFIST MODE』と出る。このモードでは通常ショットの発射ができず、またブレイクゲージもなくなり、カウンター攻撃のみで戦うことになる。ただし敵弾のカスりに対するグレイズカウンターゲージの上昇が非常に高くなる利点もあり、カウンター攻撃を非常に多用する(というかそれしかない)ゲームプレイになる。


●ゲーム画面
ゲーム画面の説明。

20180423002943_1.jpg

 ゲージ類は大きく画面の左右に分かれているので、まとめて解説する。
 まず画面左側。上から順に、

・現在のスコア
・残機数
・ランクレベル。高いほど難度が上昇していることを示す
・ゲーム開始前に選択した装備(左側)と操作方法(右側)を示すアイコン

一気に下がって

・グレイズカウンターゲージ

となっている。続けて右側。これも上から順に、

・グレイズ数。ステージクリア時のスコアに影響
・使用キャラの顔
・スコア倍率。カスり(グレイズ)により上昇する
・倍率ゲージ。これが無くなると猛烈な勢いで倍率が下がり出す
・黄色の星アイテム取得数。ステージクリア時のスコアに影響
・赤色の星アイテム取得数。ステージクリア時のスコアに影響

一気に下がって

・ブレイクゲージ

となっている。なお画面中央上部のタイマーはボス戦のみ登場し、ボス戦の残り時間を示す。画面下部の%表示はグレイズカウンターの溜まり具合を示す。
 これらの情報の中で特に大事なのがグレイズカウンターゲージとブレイクゲージ。これは次の項目で解説する。


●グレイズカウンターゲージとブレイクゲージ

 これはゲーム開始前のチュートリアルでも解説されるが、幾つか補足しつつ解説する。

 まず画面左下の水色のゲージ、これがグレイズカウンターゲージ。このゲージは敵弾ないし敵機に接近しカスる(グレイズ)ことで上昇し、50%以上溜まっていればカウンターボタンを押下することで強力なカウンター攻撃を放つことができる。この攻撃は敵機などに撃ち込むことで黄色星アイテムを生成する。また敵弾を消すこともでき、これまた黄色星アイテムを生成する。

 グレイズカウンターゲージは100%で発動することにより、攻撃を出している間バリアを展開することができる(ゲーム開始前の装備選択でエクステンドガードを選べば、発動さえできれば必ずバリアを展開する)。このバリアを展開している間は完全無敵となるので、破壊不可能な障害物などもすり抜けることができる。

 続けて右下の黄色のゲージ、ブレイクゲージ。これは先述のカウンター攻撃により生成される黄色星アイテムを回収することで上昇(オーバーグレイズ装備時は敵弾をカスりで消すことでも上昇)し、100%になるとブレイク攻撃を発動可能となる。
 ブレイク攻撃を発動すると画面全体の敵弾を点数の高い赤い星アイテムに変換し、非常に強い攻撃を一定時間撃つことができる。また撃ち込みにより赤い星アイテムを生成する。

 この二つのゲージの管理は攻略の上でも稼ぎの上でも非常に重要な要素となる。


●アイテム説明
一部の敵機を倒すとアイテムを出す。その解説。

20180423002900_1.jpg

 画面中央に表示されているものがアイテム。アイテムは常に3つがセットで出現し、どれかひとつのみ取得できる(某ゲームのように中に入れば3つとも取得できるかも知れないが未確認。アイテムの判定が大きいので中々難しい)。
 それぞれの取得時の効果を説明する。

・シールド : 紫色の玉のようなアイテム。取得することで1発だけ敵弾に耐えるシールドを張る。重ねて取っても耐えられるのは1発だけ。オートシールド装備の場合はあまり意味のないアイテムになる。

・ゲージ : 青と黄色の玉のようなアイテム。グレイズカウンターゲージ、ブレイクゲージの両方を即座に最大にする。

・ブースト : 上向きの矢印のようなアイテム。画面右上に表示されているスコア倍率を、即座に最大値である1000まで上昇させる。




 ……長くなったけどひとまず解説終わり!!
スポンサーサイト

(ピットファイター メッセージ原文メモ

 「なさけむよう」「残虐行為手当」などの珍妙な日本語でよく知られる、アタリゲームズ開発のアクションゲーム『ピットファイター』。このゲーム、先述のように日本語翻訳が少し奇妙なのだが、それが「味がある」とされ、世に出て20年以上経つ今でも目にすることが少なくない。
 しかしこのメッセージの数々、日本語訳こそあちこちで見られるが原文のほうはまとめられている様子がないので、ちょっと調べてみた。以下は参考にした動画。その下にメッセージをまとめておく。







 それでは皆様待望のメッセージです、一部抜けがあったり勝利メッセージが複数あるっぽいけど調べるのが面倒だったので1種類しか載せてなかったりするけど見逃してくれ! 状況:原文:日本語となっております、どうぞ!


ステージクリア時 : You Made It! : よくやった!
グラッジマッチ敗北時 : (発見ならず) : 無念!
ステージクリアボーナス取得時 : Brutality Bonus : 残虐行為手当

1面 : Show No Mercy : なさけむよう
2面(なし)
グラッジマッチ : Last Fighter Standing Wins : いきのこったヤツの かちだ
(鉄仮面登場)
3面 : Look for Power Pill : パワードラッグを さがせ!
4面(なし)
グラッジマッチ(2面後と同様)
5面 : Survival of the Fittest : つよくなければ いきのこれない
6面(なし)
グラッジマッチ(2面後と同様)
(鉄仮面登場)
7面 : Are You Tough Enough? : タフすぎてソンはない
8面(なし)
グラッジマッチ(2面後と同様)
9面(なし)
10面 : No Pain, No Gain : どりょくせずに むくわれることはない
チャンピオンシップマッチ : There Can Be Only One : あと ひとりだ


 皆様におかれましては是非とも日常生活にこれらのワードを役立てて頂きたく存じます、それでは皆様さようなら! さようなら!!

(EVE Online関連エピソードまとめ

 オンラインゲームのEVE Online。宇宙を舞台に艦隊を率いて版図拡大を目指したり、そんなこと無視してソロで傭兵として運び屋稼業を行ったりするなどできるネトゲである。まあ詳細はググれ。と言いつつも一応紹介。

公式

Steam版

ニコニコ大百科のEVE Online記事

これは、ゲームだ――F2P化される「Eve Online」の複雑怪奇な世界の魅力


 んでこのEVE Online、ゲーム自体の規模が非常に大きいがために時折大戦争が起きる。それこそ比喩や誇張なしの、宇宙の勢力図が塗り替わるほどの大戦争がささいなきっかけで発生する。その歴史が非常に面白いのでここにひとつ、自分の知っている分だけでもまとめてみようと思う。

クリックミスから大戦争
ねとらぼの記事

税金滞納から大戦争

幹部の裏切りにより大規模同盟が瓦解寸前。同盟リーダーは裏切者のリアル処分を発言するがそれによりゲームからBAN

とあるMMOのMMOの艦隊指揮官――フリートコマンダーとして生きる「Eve Online」の経済と倫理(読み物)

【電遊奇譚:其三】銀河系の片隅の戦争と友情(読み物)


 どれも相当数のプレイヤーが絡む話なだけあって妙に生々しく面白すぎる。人海戦術による兵站封鎖、スパイによる敵部隊の出撃報告、絡み合う戦略戦術、そして大損失を生むうっかり操作。その合間合間に見られる各々のプレイヤーごとのドラマもまた最高なのだ。

(Vampire the Masquerade:Bloodlinesメモ

 Vampire the Masquerade:Bloodlinesに関するメモ。

 このゲーム、過去にも何度か遊ぼうとしてはきたのだが、その都度英語を読むのが面倒になって途中で投げてしまう。そして再び遊ぶ気になったときには状況を忘れており、また最初から遊んではやはり同じような箇所で投げて……というループに毎回ハマっていたので、その展開を打破すべく進行状況や展開などをメモっていこうと思う次第である。

 とりあえず最初はキャラメイク時のステータス画面の項目について説明をしようと思う。また、一部の項目についてはゲーム内の解説の和訳を掲載する(矢印の後に強調してるのがゲーム内の解説)。ちなみにこのスクリーンショットは非公式パッチver9.7を導入したものである。画像をクリックで拡大する。

VtMキャラメイク02

1)名前(Name)。クリックすることでキーボードから名前を入力できる。
2)人間性(Humanity)。無実の人を殺すなどすることで下がる。下がることで悪影響が出る。

→ほとんどの吸血鬼は本質的にモンスターではありますが、人間の世界で生き残るために人間性に固執しています。人間性はあなたの吸血鬼としての情動を制御する力であり、そして狂乱(Frenzy)に対する最初の防衛線です。あなたが無実の人間を殺すようなことがあった場合はあなたは人間性を失います。人間性が低くなると狂乱の頻度が上昇します。

3)マスカレードの掟。人間に対して吸血鬼であることがバレるとひとつ仮面を失い、これが全部なくなるとゲームオーバーとなる。

→マスカレード(仮面舞踏会)の掟は吸血鬼の存在を人類から隠すために存在します。掟に背くことは人間のヴァンパイアハンターからの襲撃に繋がり、また同族との関係や評判の悪化をも招きます。もしマスカレードポイントを全て失った場合はゲームオーバーとなります。

4)キャラメイク画面の切り替え。左のBASEは氏族(吸血鬼の種類)や性別、生い立ちを決められる。右のSHEETはこの画面。特性、能力、訓えのそれぞれに与えられたポイントを割り振ることができる。

●特性(Attributes 5番6番7番)
5)肉体性。上から順に、力強さ(Strength)、器用さ(Dexterity)、体力(Stamina)。
6)社会性。上から順に、魅力(Charisma)、ごまかし・話術(Manipulation)、外見(Appearance)。
7)精神性。上から順に、知覚力(Perception)、知力(Intelligence)、機知・機転(Wits)。

●能力(Abilities 8番9番10番)
8)才能(Talents)。上から順に、打撃(Brawl)、回避(Dodge)、脅迫(Intimidation)、言い逃れ(Subterfuge)に関する能力を表す。
9)技能(Skills)。上から順に、銃火器(Firearms)、接近戦(Melee)、警備・防衛(Security)、隠密行動(Stealth)に関する能力を表す。
10)知識(Knowledges)。上から順に、コンピュータ・機械の知識(Computer)、商売・取引の知識(Finance)、取り調べ・捜査の知識(Investigation)、学術知識(Scholarship)に関する能力を表す。

●11)訓え(Disciplines)
「おしえ」。ゲーム的には吸血鬼が使える特殊能力と思っておけばいい。これは選んだ氏族によって使えるものが異なるので、機会を改めて解説する。予定。

●12)能力値(Feats)
偉業とか離れ業という意味だが、ゲーム的には基礎能力値による最終的な技能の数値を示す。ほとんどのFeatsは特性(Attributes)と能力(Abilities)のそれぞれの該当するパラメータから影響を受ける。

・戦闘関連(Combat)。ファンタジーRPGなら戦士系の技術と思えばいい。
Unarmed Combat 素手戦闘。特性の力強さ(Strength)と、能力の打撃(Brawl)が影響する。素手での戦闘に適用される。
Melee Combat 近接戦闘。特性の力強さ(Strength)と、能力の接近戦(Melee)が影響する。近接武器を用いた戦闘の際に適用される。
Ranged Combat 遠距離戦闘。特性の知覚力(Perception)と、能力の銃火器(Firearms)が影響する。銃などの飛び道具を用いた戦闘に適用される。
Combat Defense 防御技術。特性の機転(Wits)と、能力の回避(Dodge)が影響する。

・潜伏・隠匿関連(Covert)。ファンタジーRPGなら盗賊系の技術と思えばいい。
Lock picking 開錠技術。特性の器用さ(Dexterity)と、能力の警備(Security)が影響する。ドアや金庫の開錠の際に適用される。
Sneaking 隠密、スニーキングの技術。特性の器用さ(Dexterity)と、能力の隠密行動(Stealth)が影響する。
Hacking ハッキングの技術。特性の機転(Wits)と、能力のコンピュータ(Computer)が影響。ハッキングの成功率に関係する。
Inspection 探査、調査技術。特性の知覚力(Perception)と、能力の取り調べ(Investigation)が影響。これが高いと、隠されるように置かれているアイテムが目立って表示されたりする。
Research 研究、学術調査。特性の知力(Intelligence)と、能力の学術(Scholarship)が影響。本を読むなどして能力を得る際に適用される。

・社会性(Public)。他者との会話に関する技術。
Haggle 口論、値切り。交渉術。特性の話術(Manipulation)と、能力の取引知識(Finance)が影響。
Intimidate 脅迫。特性の知識(Intelligence)と、能力の脅迫(Intimidation)が影響。
Persuasion 説得。特性の魅力(Charisma)と、能力の学術(Scholarship)が影響。
Seduction 誘惑。『Temptation』も和訳すると誘惑という意味になるが、それよりも性的な意味が強め。特性の外見(Appearance)と、能力の言い逃れ(Subterfuge)が影響。

・Soak (浸す? 軽減? よくわからなかったのでゲーム内の説明と機械翻訳を掲載)
Bashing 殴打
→your ability to shrug off damage from bullets and blunt melee weapons. Stamina, as well as clothing and body armor contribute to the Bashing Soak feat.
→弾丸と近接武器の鈍器からのダメージを軽減する能力。スタミナ、そして衣服や鎧がこの能力に影響します。


Lethal 致命
→Your ability to shrug off damage from bladed melee weapons. While vampires may defend against lethal damage with their Defense feat, they are nearly helpless once the blow is landed. Clothing and body armor add to your Lethal Soak feat.
→近接武器で爆発したダメージ(「刃物による近接ダメージ」?)を軽減する能力。吸血鬼は防御の術で致命傷を防ぐかもしれませんが、打撃が着陸すると(「斬撃に対しては」?)ほとんど無力です。衣服と鎧がこの能力に影響します。


Aggravated 悪化 爪や牙や炎や電撃によるダメージを軽減する能力
→Your ability to shrug off damage from claws, fangs, fire, and electricity. Aggravated damage is deathly serious. Vampires can defend against claws and fangs with their Combat Defense feat, but are helpless against fire and electricity.Aggravated damage can be soaked through supernatural means only.
→爪、牙、火、電気によるダメージを軽減する能力。悪化した被害は深刻です(「これらのダメージは致命傷足りえます」?)。吸血鬼は戦闘防御で爪や牙から身を守ることができますが、火や電気には無力です。増強されたダメージは超自然的な手段によってのみ軽減されます。



13)カーソルを各項目に合わせると、ここにその項目の説明文が表示される。
14)スキップイントロ。キャラメイク終了の際にここにチェックが入っていると、オープニングを飛ばせる。


 ……以上! Soakの項目は恐らくダメージ軽減に関する能力だと思う。次回はオープニング直後のチュートリアルか、または氏族の訓えか、でなければゲーム進行に関するメモを書く予定。続けば。

(バトルガレッガ 3号機私的メモその5

 ガレッガ、3号機ABC同時押し機体のブラックツェッペリンを使ってのメモ。その5。

 本日(2017年1月10日)、ようやっと3号機でクリア。スコアは10098550、残0でギリギリのクリア! よくやった俺! おめでとう俺! ありがとう俺!!

2017011018360000.jpg 2017011018360001.jpg


 ポイントになったのは6面後半とブラックハートIIだったと思われる。今までは6面後半では安定狙いのつもりで戦車ハッチをウェポンで壊しまくっていたのだけど、レーザー砲台が出てくるあたりからハッチを壊さない方針に変更したのが功を奏した。っぽい。

 というのも、ハッチを壊さないことで画面内に戦車が大量に出現。それによりキャラオーバーと処理落ちが発生。結果、体感難度が下がっていた、と思う。少なくとも左右へのスクロール直後に画面に入った戦車の弾に被弾することがなくなった。加えて今までハッチに使っていたウェポンをブラックハートII戦に持ち込めるようになり、画面下部までブラハIIが降りてきたときの爆雷攻撃に対してウェポンを使い、稼ぎつつダメージを与えて早く倒せるようになった。これにより発狂モードをほとんど避けなくて済んだのが大きかったと思われる。

 ……というか今までのブラックハートII戦は、ワインダーを3回避けた上に尚且つ発狂モード(ブラハIIの体力が一定値を切った後の複合攻撃)を結構な時間凌がねばならなかったのを、ワインダー2回避ければ勝利が見えるようになったのは本当に大きい。ただまあそれでもグロウスクイード最終形態で長期戦を強いられたんだけどな。最終形態に入ってからの戦闘時間だけを見るなら、ミヤモトの2倍近い時間がかかっていたんじゃなかろうか、3号機。

 結局のところ3号機は何が辛いって、とにかく火力がないために致死率の高い攻撃を持つボスに対して長期戦にならざるを得ないところが辛いのだ。それをなんとかするならば、純前たる避けスキルを上げるか、ウェポンや自爆を攻撃手段として極力戦闘時間を減らして致死率の高い攻撃に晒される時間を減らすしかない。

 ともあれひとまずの目標は達成したわけで、さて次はどうすっか。とりあえず1号機あたりでクリアでも目指すか。
D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。