(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ゲーム話『ぷちだんLO』

 俺がここ最近遊んでいるゲームは3つ。以下リンクと簡単な紹介。

●『ぷちだんLO
フリーゲームの2DRPG。レトロな雰囲気のモノクロなグラフィックやBGMが特徴的だが、中身は非常に丁寧に作られた良作。あとけそ氏(リンク先18禁)の描く女の子がロリっちくて好み。ちなみにこれは2作目で、前作『ぷちだん』も存在するのだが、こちらは有料で18禁なので興味ある人はそれを踏まえて検索してみるように。

●『Borderlands 2
荒廃した近未来世界を舞台にしたFPS+RPG。とは言っても全体としてはFPS要素のほうが強く、キャラが強くても戦闘ではプレイヤーの技量が重要になってくる。また、ハック&スラッシュ要素があり、宝箱や敵から入手できる武器にはランダムで強い武器が出てきたりする。同名の武器でも性質が違っていたりするので、武器を手に入れる都度ワクワクである。ちなみに俺が買ったのはPC版、Steamのオータムセールで半額だったのでうあああぁぁぁって感じで購入した(どんなだ)。

●『ノーラと刻の工房
『アトリエ』シリーズの流れを汲むゲーム。アイテムを集めて別のアイテムに加工したり分解したりしつつ、街の人の依頼をこなしたりあちこち探索したり。発売当初から気になっていたのだが我慢できず先日購入。


 で、本日はぷちだんLOについて語る。ちなみにネタバレ含みまくりなので、そういうのを嫌う人や今からやるよという人はちょっと注意。まあこのゲームはネタバレがそこまで痛手になるタイプのゲームでもないと思うけどね。


 遊びだしたのは先月の25日頃だったので、ほぼ一ヶ月前から遊んでいるわけであるが、本日第4階層の途中にある中ボス3連戦を突破。そのまま雑魚を避けつつボスまで行った(ラスボスかどうかは不明)ところだが、ボスの攻撃が多彩でどう対処したものか全く見えてこない。今までのボスはある程度使ってくる攻撃がわかりやすく、また主人公の特殊能力を使うことで耐性や弱点を調べることができたので、それを踏まえて戦略を練ることができたのだが、このボスは耐性や弱点を調べることができなくて困った。ううむ。
 仕方ないから最も強い味方を引き連れて挑んでみよう。

 ところでこのゲーム、最初に書いたようにジャンルとしては2DのRPG。ゲームの目的としては塔を登っていくことで、ゲームのスタート地点である街と塔とを往復することになる。街は武器屋や宿屋などの施設がメインで、会話などで得られる情報はやや乏しい(基本操作や基本的な情報は教えてもらえる)のだが、塔の中でもところどころで情報を得ることができる。で、この情報の提示の仕方が上手いなーと感じる。

 このゲームでは妖精が情報を提示してくれるのだが、塔の中では時折1画面に収まる程度の広さのフロアがあり、そこに妖精がいる。塔の中にいる妖精が教えてくれる情報の内容は、主にシステムまわりの攻略情報なんだが、ちょうどその情報が必要になるところでタイミングよく出してくる。また、「知らなくてもなんとかなるけど知っていると有利になる情報」も、遅すぎないタイミングで出してくる。

 例を挙げると、戦闘において属性攻撃による有利不利が大きく影響することだとか、属性による具体的なダメージ上昇値・下降値とか、敵全体に共通する攻撃パターンとかの情報である。そういった情報を得ることでプレイヤーは「あ、そうか」と戦略を練る余地に気付き、仲間の組み合わせや装備品をどうするか試行錯誤することができるようになるし、またその試行錯誤が楽しいのである。

 仮にこういった情報が提示されないとしたら、その内容に気付くプレイヤーと気付かないプレイヤーとが出てくるはずで、そしてその二者の間ではこのゲームを楽しめるかどうかに大きな差が出てくることになるだろう。これらの要素に気付けるかどうかは、先述の『試行錯誤が楽しい』ことに気付けるかどうかと同義でもあるからだ。

 このゲームは力押しでもなんとかなるゲームではあるが、単純にそれだけで進むよりは戦略を練る余地があるほうが面白いに決まってる。そして、定期的に情報を提示してくれることで、その面白さに気付いていないプレイヤーには気付かせてくれるし、気付いているプレイヤーにはその情報の正確さが保証され、ある種の信頼を持ってプレイできるようになるのだ。
 ……まあ、必死のやりこみで検証を行うのが楽しいというプレイヤーもいるけれど、誰もがそういうプレイヤーなわけではないので。


    *    *    *


 安易に「こうすりゃ勝てます」的な攻略情報を出すってわけではなく、きちんと段階を踏まえて有用なものを出してくるあたりも含めて、いい情報の出し方だよなあ、と思う次第である。

 このゲームは見た目も中身も古典的なRPGだけど、システム関係の足回りや上記の情報の出し方など、細かい点でしっかり作ってあるなと感心するところが多い。またレベルも比較的サクサク上がるし、それらが遊びやすさに繋がっていて、プレイしていて非常に気分がいいし面白い。いいゲームに出会えた。
スポンサーサイト
D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。