FC2ブログ

(メモ。Forget Me Not -パレット-

 解説は後で行う! 『パレット』という素晴らしきフリーゲームを、世に出た2000年から19年の歳月を経た今の時代に遊ぶ方法のまとめ!!
(2/22 追記あり)

1)
『盗人講座』などのダウンロードできないツクール作品を手に入れる方法

まずこちらで『パレット』のゲーム本体をDL。元々配布されていたサイトが消えているため、アーカイブを頼ってDLを行う。ちなみにツクール作品なのでツクール本体も必要になるはずだが、DLできる本体ファイルにゲームと一緒に同梱されている(はず)。

2)
DLした本体ファイルは実行形式(.exe)なので実行するとゲームを内蔵するフォルダが生成される。適当なところにゲームフォルダを生成し、その中の『パレット』フォルダの中のGAME.exeをダブルクリックでゲーム開始。モニタによっては画面が横長になるがひとまずゲームを進める。

3)
主人公が「今日はここまでにしておくか」と言うと移動できるようになるので、この段階でESCキーを押してメニューを開き、システム→スクリーンモードの変更、と選択。これでフルスクリーンからウィンドウモードになる。

※追記:このゲーム、フルスクリーンで遊ぶとシーンに応じて画面の色に変化が生じるのだが、ウィンドウモードで遊ぶと画面の色が常に一定となる。このゲームは色の使い方も演出として機能しているため、できればフルスクリーンでのプレイを推奨したい。画面サイズや色がおかしくなる部分があるので、調べる対象となる白枠が見つからないときなどはスクリーンモードを切り替えつつ遊ぶといいだろう。


4)
フリーソフトの蜃気楼を使い、ウィンドウサイズを調整。後はゲームを堪能すべし。


 以下は『パレット』に関してのリンクや解説など。

フリーゲーム夢現 パレット
精神科医となりクライアントの記憶へと降りる旅路。アマチュアから商業へのステップを早く実現しながら歴史の影へ消えたツクールの名作『パレット』


 そもそも俺がこのゲームに関する話題を、何故急に出す気になったか。きっかけはこれだ。




スマホゲーの『ドールズフロントライン』の実績の中にあった『Forget Me Not -パレット-』の名前。そこからこのゲームを今でも遊ぶ方法を探したのだ。そして忘れないようにメモっておこうと思った次第である。

 19年も昔のゲームではあるが決して古臭さもなく、類を見ない独自のシステムもゲームのシナリオや雰囲気に違和感なく溶け込んでおり今なお決して劣ることない魅力を持つ。
 シナリオ自体も非常によくできている。主人公である精神科医のシアンは、「赤い色だけなんです」と言い続ける女性の心理世界を移動し、その心の中にある真相へと向かい進んでゆく。先の読めない展開に演出のよさも加わって、プレイヤーを引き込む力は十二分。プレイを始めるとやめ時を見失うこと請け合いである。

 ゲーム自体のシステムについては付属の解説テキストや上記リンクを参照してもらいたい。RPGツクール製のゲームではあるが、独自の仕様を持つため、システム周りはRPGというよりはアドベンチャーのほうが近い。あと画面の輝度や色合いによってはゲーム進行に必要な白い枠が見えにくいことがあるので注意。白い壁にある枠などは特に見えにくい。廊下のシーンなどで顕著。


 ちなみにこのパレット、何しろ元々は2000年のゲームなので今の時代のマシンで普通に動くのかと言うとかなり怪しい……と思っていたが、自分の観測範囲に限ればWindows7とWindows10での動作は確認している。ただしフルスクリーンだと強制的に画面いっぱいに表示されるため、モニタによっては横長に引き延ばされてしまうし、一部ゲーム画面の色がおかしくなるなどの不具合が生じる。しかしこれはウィンドウモードで遊ぶことで解決するので、基本的にはウィンドウモードで遊ぶとよい。また、ツクール製のゲームはウィンドウサイズを自由に変更できないという人類史上屈指のクソっぷりを誇るが、サイズを自由に変更できるフリーソフトの蜃気楼を使えば解決する。

 そんなわけでこの『パレット』、面白いのでみんなもやろう! そしてそのシナリオに、ゲームとしての魅力に、唸るがいいさ!!
スポンサーサイト



D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示