(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(映画『スノーホワイト』観てきた

 映画『スノーホワイト』(音出ます注意)を観てきた。以前観た映画である『バトルシップ』の予告で存在を知り、「へー白雪姫ねー」程度に考えつつ予告を見ていたらなんだかどんどんダークなノリになっていき、仕舞には『ロードオブザリング』みたいになっていたことから興味を抱いた。

 そして本日、悪友白楽の誘いを受けて観てきた。正直あのダークファンタジーなノリは予告で出てきた部分だけじゃないのか、と懸念していたものの、実際にはほぼ全編そんなノリだった。特に序盤、白雪姫が森に逃げ込むシーンがあるのだが、そのシーンなどは非常に滅入る描写が続くので、こりゃもうどこのモルドールだよ、でなけりゃ風の谷の腐海かよと言わんばかりでとても素晴らしい(素晴らしいのか)。
 また、ややネタバレになるが、終盤に入ると攻城戦のシーンがあったりする。この攻城戦のシーンは熱いし、そこから続く女王とのラストバトルでもやっぱり輝く女王のラスボスっぷりがたまらないのだ。「白雪姫なのに攻城戦とかラストバトルって何だよ」とか言われそうだが、この映画はそういう映画なので割り切れ。そして俺は割り切って観て満足できたクチだ。

 ちなみに、どこをどう観ても原作の『白雪姫』らしさはほとんどない。皆無ではないが、本当に申し訳程度にしか存在しない。でもほとんどのシーンに漂う病んだ雰囲気とか、かっこよさげなアクション(ウィリアムの「弓兵は要らないか?」のシーンとかシンプルだけどそれだけにいいのだよ)とか、あと忘れちゃいけない、ラヴェンナ女王の悪役っぷりが素晴らしいので私的には満足である。特に女王だ、どのシーンもこれぞラスボスと言わんばかりのカリスマに溢れてて素晴らしい。

 総じて、タイトルから普通の『白雪姫』を期待するとガッカリどころじゃすまない大変なことになってしまう映画だが、トレイラーを観てハっとしちゃうようなB級映画大好きさんは楽しめる映画なんじゃなかろうかと思われる。そして俺はB級映画大好きさんで、間違いなく楽しめたし面白かったので良し、である。

 まあ、細かいツッコミどころは多いし、その点を考慮しようがすまいがあまり人に強く勧められるタイプの映画じゃないのも確かなので、とりあえずトレイラーを観て判断してみるのがいいんじゃなかろうかと。



 これ観て何かハっとしちゃったら観たほうがいいと思うよ、多分。ハっとこなかったら観ないほうがいいよ、きっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。