FC2ブログ

(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(電源ゲーと非電源ゲーと

 この土日は悪友白楽宅にて、俺含め3人で酒呑みつつ電源ゲー遊んだり非電源ゲー遊んだりアニメ観たりして過ごし、非常に満足できる二日間であった。で、そこで思ったのだが、非電源ゲーは割と抵抗なく遊んでもらえることが多いような。気がする。

 これは俺や俺の身内のゲーム遍歴にも関わることだし、各々の年齢や世代も関係してくるので、あまり一般性はないかも知れないことを最初に断っておくが、俺の身内は次第に電源ゲー離れが進んでいる。全く遊ばないというわけではないが、10年前と比較するとかなり離れつつあるように思う。無論全く遊ばなくなるわけではないし、昔さんざ遊んだゲームなら喜んで遊ぶこともあるが、そうでないゲームは面白いよ、と勧めてみても敬遠されることが増えてきた。
 理由は色々あるだろう。複雑そうだから覚えるのが面倒、操作がおっつかないのが想像つく、時間かかるんでしょ、もう興味ないし、などなど。

 ボードゲーム……というか非電源ゲーはそういう態度を取られた記憶があまりない。俺自身があまり人に非電源ゲーを勧めたことがないので、記憶がないのは当然なんだが、とにかく非電源ゲーは電源ゲーに比べて『見せたときに難色を示される』割合が低いように思えた。その理由は何だろう。

 パッケージやボードがいい意味で淡白だからだろうか。あまり抵抗を抱かれないような、さっぱりした絵柄やデザインが多いからだろうか。
 カードを出したり、コマを動かしたりする、『操作』に該当する部分がわかりやすいからだろうか。多数のボタンを瞬間的に使い分けるような必要ないからだろうか。
 ルールがわかりやすいからだろうか。内容そのものは複雑であっても大抵は一回プレイすれば流れがつかめるものが多いからだろうか。

 一応断っておくと、別に俺は電源ゲーを悪く言うつもりはないので悪しからず。見た目で引かれそうなギャールギャールしたゲームもやるしボタン多数使うゲームだってよくやる(FPSとか)。ルールがわかりづらいのだけはちと困るけど。
 あと言うまでもないが別に電源ゲーだって上記の要素を満たすものはあるし、非電源ゲーでも上記の要素を満たさないものはある。どっちのほうが優れてるとかそういう話ではないが、ただ、傾向として『非電源ゲーは電源ゲーよりも難色を示されにくい』気がするのだ。
 最初に書いたように俺や俺周辺の連中のゲーム遍歴が関係しているのかも知れないし(今まで電源ゲーばっかり遊んできたので、非電源ゲーが新鮮に見える)、俺が遊んでいる非電源ゲーが『誰もが認める秀逸なゲーム』なので皆素直に楽しめているのかも知れないので、絶対にそうだと断言することはちょっとできないのだけれど。

 まあ、電源ゲー色々と遊んでいて今でも電源ゲーやってるけれど、過去に一緒に遊んでいた友人はみんなゲーム辞めちゃったなあ、てな人は、非電源ゲーに手を出してみるといいかも、てな話でした。一緒に遊ぶ相手なんて居ねえよって人は……まあ……がんばれ。

 ちなみに遊んだゲームは、電源ゲーは『非想天則』やら『QOH』、非電源ゲーは『ドミニオン』とか『ハートオブクラウン』とか『世界の七不思議』とか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。