(スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アーカムホラーなどプレイしてきた

 ボードゲームの『アーカムホラー』を友人とプレイしてきた。クトゥルフ神話を題材に、そしてアーカムシティを舞台にしたボードゲームである。詳しく知りたい人はリンク先を読むかググってもらうかするとして、大雑把なゲームの流れとしては、

1)アーカムシティのあちこちに異世界とのゲートが開きまくり、そこからモンスターが多々登場。そいつらを倒したり逃げたりしながらゲート封印を行う
2)一定数以上ゲートを閉じる、ないし6つ封印すれば勝利。封印のほうが手間がかかる分、対象ゲートの数は少なくて済むし事後のメリットも多い
3)もしゲートを封印しきれず、一定の条件が満たされてしまった場合は邪神が復活。復活した邪神とプレイヤーとで戦闘開始、勝てば勝利。負けたら人類滅亡

 てな感じ。実際のプレイでは戦闘やランダムに発生するイベントの処理でダイスを振って判定を行うシーンがあるので、想定していた行動を取れないことや意外な好展開を迎えることもあり、程よく振り回されながらゲート封印のためにアーカムを駆けずり回るのが楽しい。ゲート封印に失敗した際に戦うハメになる邪神もヤケクソに強くて(まあ当然だクトゥルフなんだから)、アザトースなどは復活と同時に人類滅亡だったりするのでたまらん。

 で、ゲーム自体は面白かったんだが、プレイ時間がえらいかかったので終盤はプレイヤー全員(俺含め5人)がかなりダレていたのも印象深かった。箱に書かれている想定プレイ時間が2~4時間だったので覚悟はしていたんだが、実際には5時間ほどかかったからなあ。まあ一人を除いてルールを把握してなかったことがプレイが長引いた原因のひとつなので、次回からは相当プレイを短縮できるのではなかろうか。

 ……などと考えながらあちこちの感想を漁っていたら、Amazonのレビューにかなり参考になることが書いてあった。本来はプレイヤー一人一人で個別に解決していく維持フェイズや遭遇フェイズなどを、全プレイヤーが一斉に進行させることでかなりの時間短縮が可能となるらしい。これらを踏まえてまたやりてえな。


    *    *    *


 ちなみに今回、このゲームは神田のテーブルトークカフェ、デイドリームにて遊んできた。TRPGやボードゲームなどを遊ぶためのスペースを提供してくれる店である。
 この店に初めて行ったのは先月の11日、ワンフェス前日。友人連中で『ドミニオン』を遊ぼうじゃねえか、ということで非電源ゲーのプレイスペースがある店舗を探した結果辿り着いたのだが、最初に入り口を見たときには目が点になった。というのも入り口が普通のマンションの一室で、本当に遊べるスペースがあんのかよ、と不安に駆られたからだ。

 地図によれば神田駅から線路沿いに進んだ場所にあるらしい。というわけで進むとこんな感じの場所に出て、

2012031014240000.jpg

 目にしたのは普通のマンション。入り口にある看板を確認すると確かにここだ。「え、ここ? え、本当に!?」と全員が思った。

2012031014240001.jpg

 ちなみに2枚目の写真の位置で背後を向くとこんな光景が目に映る。時間の関係もあるのだろうけど、人気ないのよすごく。

2012031014240002.jpg

 しかしいざ中に入ってみたら、部屋は広いし壁際に並べられた棚にはびっしりと非電源ゲーが詰め込まれ、それを見ているだけでもワクワクしてきた。幾つかあるテーブルはどれも大きく、結構なスペースを食うボードゲームでも余裕を持って遊べたし、結果としては非常に好印象を抱ける店だった。少人数でカードゲームを遊ぶ程度ならまだしも、5人や6人くらいでボードゲームを遊ぶときなどには積極的にこの店を利用していきたいと思わされた。スペースの問題を気にしなくていい場所があるってのはいいことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

D最新記事
D月別アーカイブ
D最新コメント
D検索フォーム
Dリンク
Dプロフィール

ヤマザキ

Author:ヤマザキ
呑んだくれゲーオタです。酒とゲームを取ったら何も残りません。メールは00_extendead_00あinfoseek.jp あ>@に変換で。

最新トラックバック
RSSリンクの表示

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。